地球散歩

現役添乗員による旅にマツワル☆ブログ

【お知らせです☆】

7/2(日)の『第2回  世界のワインを飲まん会』ですが、お陰様で定員となりました❤️

 

次回は10月頃を予定していますので、私に会ったことがある方も無い方も是非是非ご参加下さいませ〜〜。大切に縁の糸を紡いで行きましょう👊

そこには、旅好きかワイン好きしかおりませんので、直ぐに打ち解けましょうぞ☺️

 

《全ての事柄は人と人が出逢うところから始まります》

 

兎にも角にも、ご予約ありがとうございました‼️

 

f:id:chikyusanpo:20170620211349j:image

先日近所の公園でプロカメラマンの友人(西村彩子 氏)に、43歳の今❗️を撮っていただきました。

添乗日焼けが凄い…けど、なんだか幸せそうな仕上がりに多謝っ(=´∀`)人(´∀`=)💕

 

新コーナー『世界の航空会社よろず帳』 その1

どーーーーーもですっ👊おっはよぉーございやすっ👊ちょいとフライング気味で更新だにゃ。

 

 

ただいまカナダ&アメリカに添乗中のアチキでございやすっ(≧∇≦)

 

4/10のブログに「これからはアメリカに行くにもカナダ経由が多くなるよ」と書きましたが、今回もAC(エアカナダ)利用でございやしたので、たまには「エアーラインについて書くのもいいんじゃないかしらん?」と思いつき、今回はエアーカナダをレポートしてみたいと思います✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

 

Let's go〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

f:id:chikyusanpo:20170619020221j:image

メイプルリーフがシンボルのエアカナダ🍁

 

 

 1937年設立のエアカナダは、カナダ最大の都市トロントにある「トロント・ピアソン空港」をハブ空港(拠点空港)とする航空会社です。
アライアンス(航空連合)は、スターアライアンス。日本で言えば全日空(ANA)と業務提携しています。

 

皆様はマイレージには興味はありますか?


海外旅行好きな方でしたら、搭乗の際に楽しみにされているかと思いますが、これまた最近は(旅行会社や航空券手配会社が)航空運賃を叩き過ぎている関係から「もうホント、こんなに安くしてるのにマイレージなんて付けられないっすよぉ〜〜💦勘弁でござるよぉ〜〜💦」って航空会社も増えてきています(ツアー利用の場合でしゅ)。


例えば、フィンランドエアー、ニュージーランド航空アエロフロートなどなど。

ちなみに、ビジネスクラスならば付きますよ☺️

 

そんな中‼️このエアカナダではちょびっとにせよ、全日空のマイルが貯まるので先ずは拍手じゃないでしょーか(笑)?


f:id:chikyusanpo:20170619020546j:image

モレーンレイクにて。カナダは自然美の宝庫ですっ‼️

 

 

皆さんも色々な航空会社を経験されてるかと思いますが、子供の頃から憧れの的であったキャビンアテンダントさんのイメージ(美人!モデルみたい!なんだかカッコいい!)をキープしてるのって…………現代では日本を含めた一部のアジア系航空会社くらいじゃなかろーかと………思うのです(笑)!

 

とにかく欧米系のCA(キャビンアテンダント)さんは、縦にも横にもデカイっ💦

 

うっかりウトウトしちゃって首が通路にちょいとでも折れようもんなら、容赦なく彼らの「ヒップアタック‼️」を喰らいますっ👊
そりゃもうね、謝ったりなんかしやせんよ。想像するに「日常茶飯事すぎて普通の事」になっているか、「ケツに感覚がない」かのどちらかだと思われますので、皆さまも「コレって機内あるあるだよね〜〜♪」と、ツウぶって気にしないようにしましょうね☺️

 

ハッキリ言います‼️特に海外旅行では《怒ったら負け》です。

 

自分で自分の旅行を台無しにしちゃうのって、悲しいじゃなぁ〜〜い???

 

 

f:id:chikyusanpo:20170619020934j:image

旅行って楽しいものって…言うじゃなぁ〜〜い(笑)?

 


ところで、お客様から頂く質問で飛行機部門堂々の第1位は!!!!

 

ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルぅ〜〜バンッ♪

 

機内食っていつ出ますか?」ですっ👊

 

 

f:id:chikyusanpo:20170619021149j:image

*意味わからん方ごめんなちゃい。アチキ、お笑いが大好きなんです(笑)!

 


これはですね、基本的に全航空会社共通なので覚えておくといいでしょうね☺️

 

答えは「水平飛行に入って機体が安定したら……」なので、時間にすると出発して1時間から1時間半後という事になります。
そして、大体7時間を超えるようなロングのフライトの場合、到着前に軽食が出ます。同じ理由により、到着前の1時間から1時間半に出る場合が多いです。

 

では、今回のエアカナダの機内食を紹介しましょ〜〜♪

 

ビーフかチキンか?と聞かれたのでなんとなくチキンをオーダー。

 

f:id:chikyusanpo:20170619021425j:image
むむっ???チキンボールとチラシ寿司(((o(*゚▽゚*)o)))
以前より大分美味しくなっています‼️

 

そして到着前には、オムレツかお粥か?と聞かれたので、もちろんお粥をチョイス。

 

f:id:chikyusanpo:20170619021543j:image

 総合的に言って、悪くない食事でした☆

 

そして、国際線では大抵の航空会社にアルコールを含むドリンクの無料サービスがあるので楽しみましょう☺️
ただし、上空では地上よりも酔いが回りやすいので自己管理はしっかりとしましょうね〜。
「タダだから。」というさもしい理由でバカスカ飲んだ結果機内で倒れる……というダサいことになっちゃってる方々を散々見てきてますので☺️☺️☺️

 

ちなみに、2012年12月に設立された「エアカナダ ルージュ」というLCC(格安航空会社)では、国際線でもソフトドリンク以外のものは全てて有料(ブランケットなど含)になります。そして、昨今のツアーでは乗り継ぎでは、このルージュを利用しています。

 

f:id:chikyusanpo:20170619024042j:image

機内エンターテイメントとかもありませぬ。ま、そこはどのLCCも一緒だけどね!


また、機上での楽しみの1つに「映画鑑賞」も挙げられると思いますが、エアカナダ!なかなか頑張っています!!!


今回「日本語で観れる映画」を数えてみたらナントッ‼️62本もありました‼️
そのうち邦画が14本で、アニメが15本(なんかおおくない?)でした。


俺たちに明日はない」なんて渋い名画もありましたし、マーチンスコセッシ監督最新作「沈黙」なんてチョイスもいいじゃないですかぁ〜〜。

ですが、こんなにあるのに「探せんやった…😢」というお声もよく聞くので、探し方も書いておきましょうね〜〜。


f:id:chikyusanpo:20170619021804j:image

映画の画面にし、右上をタッチすると様々なジャンルで選びやすくなります(最新作!とかコメディ!とかね)。そこで下にスクロールして「By language 」をタッチして〜。

 

f:id:chikyusanpo:20170619022520j:image

Japanese(日本語)を選ぶのさ!終了!

 

 

お腹もいっぱい!映画も楽しい!そんな中、CAさんが通りかかったので「コーラを貰えますか?」とお願いしたら「はいよっ!後でねぇ〜〜!」と言ってくれたのですが、待てど暮らせど来やしません(笑)!

ま、それも想定内なので一番後ろのギャレイ(おやつや飲み物がおいてありますの)に取りに行ったら、超CAさんがウヨウヨでワロタw

 

f:id:chikyusanpo:20170619022930j:image

*顔がわからないように真っ黒に加工してあります

 

 

「忘れたのはわざとじゃないのよっ(笑)!お話に夢中になっちゃってっ❤️」と、アチキの脳には聴こえます(笑)!

 

サービスはこんなもんなので「歩くのもエコノミー症候群防止になるけんよかろぉ〜もんっ👊」くらいに思って頂けると、まるっと幸せ💕になれる航空会社「エアカナダ」のご紹介でしたぁ〜〜。

 


それでは皆様、心躍る1週間をぉ〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


《お知らせ》

7/2(日)の14:30-17:30に開催される『第2回 世界のワインを飲まん会👊』は、残席1となっております!絶対に楽しませるので、どうぞ私に会ったことない方でも勇気を出して(笑)!ご参加下さいませね💕

 

ご予約&よろず旅の相談は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラまで❤️
chikyusanpo2016@gmail.com

 

☆このブログは毎週月曜日配信です。暇で死にそう……もしくは純粋に人助けが好きな方は、是非とも読者登録をお願い申し上げます☺️

 

 

 

 

『 ぶらりあか散歩 〜in スロベニア&クロアチア 〜 』 その4

「小路の写真」を撮るのが好きな友人がいる。

 

きっと彼女がドブロブニクに来たら、興奮するに違いない。

 

f:id:chikyusanpo:20170612215904j:image

通称“アイスクリーム通り”

 

f:id:chikyusanpo:20170612222601j:image

いいカフェがたぁ〜〜くさん☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170612222705j:image

小路を突き当たったら、何故かロバ(笑)!

 

f:id:chikyusanpo:20170612220247j:image

小路の陰で生バンド🎶

 

 

スロベニア&クロアチアのツアーは、鍾乳洞や湖水群などの自然美とドブロブニクを代表とする城壁都市の散策など、毎日変化に富んでいて本当に楽しい。


f:id:chikyusanpo:20170612223044j:image

石灰岩で濾過されたお水が本当に美しい透明感!

 

f:id:chikyusanpo:20170612223208j:image

すぅ〜〜いすいっ☺️


プリトヴィチェ国立公園では、大小16の湖が滝によって繫れている様を横目にゆっくりと3時間ほどの散策を愉しむ。
ガイドさんの話によると、紅葉の時期がまた素晴らしく、樹々は赤を含めてありとあらゆる色彩を披露するらしいが、その時期は短くツアーでヒットさせるのは、なかなか難しいらしい( ̄◇ ̄;)

 

f:id:chikyusanpo:20170612223354j:image

冬はマイナス20度に!滝も凍ります!

 


ちなみに、例年だと9月の終わりから10月頭らしいので、是非とも狙ってみてくだせぇ〜♪

 

殆どのツアーで、利用するのが「ホテル イェゼロ」だ。
国立公園内にあり、散策後も直ぐに部屋に入れるから便利だが、空調に問題がある。5月いっぱいはどんなに暑くてもクーラーが作動しないので、運が悪いと蒸し風呂の中で寝ることになる(笑)!

あと、排水も悪いのでバスタブにお湯を張ることは出来ないのよ〜〜♪逆流しちゃう〜♪

で、困っちゃうのが添乗員ちゃんの部屋。毎回ボイラー室の隣で暑く、屋根裏部屋のようで天井は低く、バスタブにシャワーカーテンがないのが兎に角困る(笑)!

 

 

f:id:chikyusanpo:20170612223711j:image

体洗うゴシゴシと比較してみて(笑)! 


今回ドライバーさん達に、どーやってシャワーしてるのか聞いたら、
皆「座ってあびてる」ってさー(笑)!
157cmの大山ですら頭ゴッチンしそうなくらい天井の低いバスルームは、ほぉ〜〜んとに勘弁でちゅ☺️

 


f:id:chikyusanpo:20170612224816j:image

トロギールの全景。東西500m南北300mの本当に小さな旧市街です☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170612221556j:image

シベニクの要塞に登った時の写真。

 

f:id:chikyusanpo:20170612221752j:image

スプリットの街をプロムナードから臨む。

 

 

 

そして、殆どのお客様がメインとしているのが中世自由都市ドブロブニク」だ❗️

 

そいやぁ〜👊どぉぉぉ〜〜んっ👊

 

 

f:id:chikyusanpo:20170612222019j:image

アドリア海でゆっくり過ごしてみたいもんです。

 

f:id:chikyusanpo:20170612223834j:image

プライベートで来たら絶対やりたい“カヌーツアー”

2.5〜3時間で35ユーロ程。サンセットツアーで参加したいなぁ〜❤️

 

 

 

 

一周2キロの城壁ウォークが出来るのだけど、コレは朝イチに限ります。日除けがないので、涼しい時間帯に歩きたいし、何より混んでいないので。

 

 

f:id:chikyusanpo:20170612224213j:image

城壁を歩きながら、住民の生活が垣間見えます。

この干し方は、絶対に我々の目を意識してるよね(笑)!

見事なブリーフです!拍手!


先にお伝えしたように、細い小道には沢山のカフェやレストランがひしめき、夜ともなればライトアップで更にムーディーにっ❤️

 

f:id:chikyusanpo:20170612222405j:image

マジックアワー❤️

 

日本では見かけない丸くて小粒な生牡蠣なんか頂きながら、ゆったり夜を愉しんでみるのも良いですよね〜〜。

 

f:id:chikyusanpo:20170612222202j:image

冷えた白ワインをクイッ!とな🍷


しばしば「何処のお店がいいですか?」と訊かれますが、私の答えは『何処でもよかけん、入ってみんしゃい☺️』です。

きっと地元の方の素敵な笑顔が迎えてくれますよっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

それでは、今週はここまで☆

 

皆さま、どうぞ和やかな1週間をお過ごし下さいませぇ〜〜♪

 


【世界のワインを飲まん会っ👊】 vol.2

7月2日(日) 14:30-17:30

代田橋「串カツ ジェット」にて開催❗️

残席6となりました。皆様のご予約、お待ちしてまーす☺️☺️☺️

予約は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓コチラから
chikyusanpo2016@gmail.com

 

『ぶらりあか散歩 〜in スロベニア&クロアチア 』 その3

スロベニアの観光は、ブレッド湖&ブレッド城、首都リュブリャナ……そして鍾乳洞だ。

 

 

スロベニアには12000個程の鍾乳洞があり、その中でも人気の場所が2つある。

 

一つ目は、殆どのツアーに組み込まれている『ポストイナ鍾乳洞』で、もう片方は『シュコツヤン鍾乳洞』だ。


この2箇所には決定的な違いがあるので紹介しておこう。

 


f:id:chikyusanpo:20170605184649j:image

こちらは「ポストイナ鍾乳洞」の内部。こんな美しい鐘乳石を見た事がありますか?

 


こちらは、鍾乳洞の見所までトロッコ列車が走っており観光が楽だ。イヤホンガイドを聞きながら、説明もよくわかる。

然しながら「殆どのツアーに組み込まれている」と書いたように、とにかく混む。
見学は予約時間が決まっており、時間になると次のグループが来るので、混んでるからといってゆっくり観るわけにもいかないのだ。

 

けれどそれはそれは美しい、見た事もないような鍾乳洞の世界が眼前に広がり、写真も撮ることが出来る。

 

f:id:chikyusanpo:20170605205631j:image

白はカルシウムがいっぱい含まれているそうです☺️

 


そして『シュコツヤン鍾乳洞』だが、何といってもスロベニア唯一の【自然世界遺産】だ。

 

紀元前には人が住んでいた形跡が見られるというこちらの鍾乳洞には、人工物がほとんど無い(最小限の照明とトンネルが100m程ある)。

2.5kmのアップダウンの多い鍾乳洞内を英語のガイドと共に(添乗員が通訳する事になる訳だが)1.5時間程かけて歩く。野性味の強い景色に心のシャッターを切る。

 

「カシャッ📸」

 

「カシャッ📸」

 

「カシャッ📸」

 

心のシャッターだ。。。

 

そうっ!ココは中の撮影禁止なのよぉ〜〜😭

しかも、この洞窟の入り口まで割と鬱蒼とした小道を10分程下る。雨なんか降ってたら、ちょいとテンション下がる距離なのよねぇ〜〜。


けれども、生の!リアルな!鍾乳洞に出会えます。

 

そして………空いています(笑)!

 

 

f:id:chikyusanpo:20170605234324j:image

出口しか撮れないっ(笑)!


けれど、ココは「地下のグランドキャニオン」とも呼ばれる場所。この洞窟を形成したリカ川の流れも見れて珍しい体験が出来ます☺️

 

さてさて、ここいらでスロベニアを離れ、クロアチアの首都「ザグレブ」に向かいましょう。

 

旧市街のメインのイェラチッチ広場では、休日ともなると様々な催しが行われます。



f:id:chikyusanpo:20170605234936j:image

民族衣装で踊る人々。絵になるねぇ〜〜。




かつて、司教座と商人の町に分かれていたザグレブにはイェラチッチ広場のある低地と大統領官邸のある高台を繋ぐフニクラ(ケーブルカー)がある。
全長66m標高差30m乗車時間55秒のフニクラは、「世界一短いケーブルカー」としてギネスブックに載っているらしい。

 

f:id:chikyusanpo:20170605235606j:image

聖マルコ教会です。

 

 

このフニクラで思い出した事がある。

 

以前、ホテルに来る筈のガイドさんが来なかった事がある。

電話をすると「今日は友達が行くように変わった」というので、その友達に電話をすると「渋滞で道が混んでいる」という。この時点で出発時間は30分近く過ぎておりお客様は待っている状態。

来る人が変わったのに連絡が無いのも問題だし、日曜なので100%渋滞が無いことも知っているが、起こってしまった事は仕方が無い。


ガイドのMさんと大聖堂の前で待ち合わせをし、電話を切った。



f:id:chikyusanpo:20170606000205j:image

108mの鐘楼を持つ聖母子被昇天教会は、クロアチアで最も高い建造物でござる。

 


クロアチアでは現地事情として「その土地のガイドが居らずに添乗員が説明(ガイディング)をすると罰金がかかる」という決まりがあるので、どんな人物でもいいから側にいて貰わないと困るのだ。


その罰金を払うのは、もちろん添乗員ちゃん(笑)!

 

とにかく「居ればいい」ので、Mさんと無事に落ち合うとガイディングをニコニコと始めた。
通常は通訳しながら歩くが、待たせて怒っている方が居るかも知れない(可能性は高い)。彼女は目立たない方がいいかなー、と判断し「おはようちゃん!」と声だけかけて観光をしていた。

 

f:id:chikyusanpo:20170606000523j:image

場所により全然値段が違うクロアチアのスーパーマーケット(笑)!



街一番の高台からパノラマ写真を撮っていたらMさんが済まなそうに声をかけてきた。

 

「もしよろしければ、フニクラのチケットを持っているのですが皆さんで乗りませんか?」


その旨をお客様に伝えるととても喜んでくれた。

ミスはミスとしてガイドさんの会社に伝え、その日の昼食時の飲み物代をその会社が払うよう交渉もした。
その時はたまたまお客様全員が酒飲みだったので(笑)、たいそう喜んでくれて「30分待つだけでタダ酒飲めるなら、毎日待つよ〜〜♪」と言い出す始末☺️


何が言いたいかというと、この仕事をして本当に良かったなぁ〜〜、と思えることの一つに「起こってしまった事に怒りで対処してもいい事は何一つなく、笑顔を絶やさない事(許す、に近いかな?)で物事が好転する可能性が高まる事を知った」という事が挙げられます。また、Aプランがおじゃんになった時に直ぐにBやCプランに思考が移行する癖がついた事も良かったなーと思います。



 f:id:chikyusanpo:20170606001304j:image

夜のイェラチッチ広場だよ!

 


すごく単純な事なんだけど「笑顔」の持つ力って、パナいんです(笑)!

 

「怒り」の使い道って、本当にあんまり無い。

 

経験としては「怒り」をバネにして、自分の階段を登るために使うくらいかなぁ〜〜。

って、今日もザグレブを添乗しながら思う訳です☺️

今回は変なとこに話が落ち着いてしまいましたが、ぶらりあか散歩「クロアチア編」は来週も続きます。

 

今回の「ぶらりあか散歩」は「思考も散歩中」です☆

 

 

皆さま、幸多き1週間をっ❤️

 

 

第2回《世界のワインを飲まん会》は7/2(日)です。

 

ご予約は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

chikyusanpo2016@gmail.comまで。お問い合わせもお気軽にどうぞ〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

『日本の不思議‼️』 vol.2

おばんでぇーーーす‼️

 

 

今朝ほど、バルセロナからアムステルダムを経由し成田空港に到着致しました‼️

 

 

f:id:chikyusanpo:20170529194623j:image

サクラダファミリアのライトアップです。世紀の大建築!私たちは完成を見ることができるのでしょうか(笑)?

 

 


んもぉ〜。また、帰国早々激しいこと言っちゃうかもぉ〜〜〜〜❤️❤️❤️

 

 

今月は『イタリア(ミラノ)→モナコ公国→フランス→スペイン(バルセロナ』と、南仏を中心に地中海を巡る同じツアーに連続で添乗しておりました。

 

 

f:id:chikyusanpo:20170529194930j:image

モナコ公国です。眼下にモナコグランプリの客席が見えます。

 

今年のモナコグランプリは5/25・26に開催され、フェラーリセバスチャン・ベッテルが優勝を飾ったそうなのですが(1ミリも興味が湧かないwwwませんっ💦)、我々は本番前日の5/24にモナコの観光が入っていました。


ただでさえ忙しいツアー日程にも関わらず、モナコグランプリ開催にあたってのテスト走行などによる規制などで大渋滞が予測されました。

 

会社からは「モナコグランプリの時期はシャトルバスを利用しての観光となります」と、無責任極まりない事の書かれたA4の紙をペロンと渡されるのみ。

 

「何処でシャトルバスに乗り換えるのでしょうか?」
「何時からシャトルバスは運行しているのでしょうか?」
「お客様のバス代は纏めて払えるのでしょうか?それとも個別に払うのでしょうか?」

 

何を聞いても芳しい返事は得られません。

 

そりゃそーです☺️


『だって、誰もそんな時期に行った事ないんだもぉーーーーーんっ‼️』


『よく分かんないけど、現場で何とかしてねぇ〜〜〜〜〜〜‼️』


って事ですからね☺️

 

 

f:id:chikyusanpo:20170529195152j:image

予想通りの大渋滞(笑)!

 

 

前日から「酷い渋滞の場合、観光箇所を一つ削る事になると思います」と助言していたのですが(余りにも想像に易い)、会社は「全部行って下さい!」の一点張り。

 

日程表に載っている観光箇所に行かないと「旅程保証」なるものに抵触し、場合によっては旅行代金の5%を「返金」しないといけなかったりする。。。

 

わたし思うんです。

 

『お金払いたくないんだったら、初めっからこんな混みそうな日が当たる日程を組まなきゃいーんじゃないのぉーーーー⁉️』

 

って、思うんです。

 

そして言いたいんです。

 

『事件は会議室で起きてるんじゃないっ!現場で起きてるんだっ!』ってね。



f:id:chikyusanpo:20170529201110j:image

若いっ‼️

 

 


ま、結局カットしましたけどね(笑)!無理だから(笑)!

 

そして今月つくづく思い知らされて悲しくなったのが「日本人って(勿論個人の話ではない)、自分側の主張ばっかりして、他人の立場を全然考慮してあげないなー」ってね。

 

何の話かと言いますと、ヨーロッパではETOA(ヨーロッパ・ツアーオペレーター協会)により、2007年から各加盟国は観光バスのドライバーの労働時間を管理することを義務付けられています。

 

これによれば、観光バスのドライバーは、最大で連続して6日間までしか業務に就けません。
7日間以上の行程では別のドライバーが必要となります。
また、一日の拘束時間は最大で12時間、実働の運転時間は最大で9時間までとなります。
これらの日数や時間数を超過して、ドライバーに運転を続けるように強いることは、EU各国の法律に従って罰せられるのです。

 

当然予期せぬ渋滞や故障などもあるでしょうから、「週に3回までは12時間を超えても違反にはならない」という措置が採られています。

 

何が悲しいって、旅行会社はこのグレーゾーンに漬け込んでいるのです💢


これは「非常時の措置」なのに「週に3回なら14時間くらい拘束してもいいんでしょっ?」ってな具合です。

 

万が一警察に見つかった場合は、ドライバー1人に罰則がくだり免許は剥奪され、仕事を失う羽目になります。だから、ドライバー達は必死に自分達の権利を主張し、添乗員に訴えてくるのです。

 

一つでも他のツアーより観光箇所を増やしたい(その方がツアーが売れます)ので、沢山の見学箇所を盛り込みます。その分、ドライバーの拘束時間は増えます。超過するなら別のバスを呼べばいいのですが(ライトアップツアーなど)、それはしたくない。お金がかかるから。

 

前回の『日本の不思議』では、ツアーに参加するお客様の意識改革も必要ではないかしら?という部分に触れましたが、そもそも旅行会社の考え方もおかしいのです(笑)!


結論から言いますと、安全で楽しい旅行がしたいのなら、必要に応じた代金をお客様も旅行会社も払わなくてはいけない!という至極当然な話になる訳です。

 


f:id:chikyusanpo:20170529201207j:image

 


ありがたい事にお仕事を頂いて世界を眺めながら見聞も少しづつ広がっているのですが、悲しい側面(気づき)もあるんです。

 

かなりキツイ言い方をしちゃうと……。

 

日本人って『人の文化(主張)は認めないけど自分の文化(主張)は尊守してほしい!』みたいな雰囲気あるんですよ。

 

自分の文化を大事にする余りに人を傷付けたり、見下したりする傾向に。


しかもタチの悪いことに「悪気がない」んです。


自分達が失礼な事をしていたり考えていたりすることに「気がつけない」んです。

 

それって例えば靴文化圏の人が「自国ではこうですから!って言って、土足で家ん中上がってくるようなもんですから。

 

って事で、海外旅行をより愉しむ為にもすこ〜〜しづつでいいから☺️意識を世界に…優しく…近づけて行けたら良いですよねぇ〜〜☺️

 

ってお話でした!

 

私も頑張らなきゃっ👊👊👊

 

 

f:id:chikyusanpo:20170529200126j:image

ローヌ川から法王庁のあった町「アヴィニヨン」の眺めです。

 


それでは皆様、心安らかな1週間をぉ〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

『ぶらりあか散歩 〜 in スロベニア&クロアチア 〜 』 その2

おっはよーございまーす*(^o^)/*

 

さてさて、今週はスロベニアをぶら〜り「あか散歩❤️」してみましょ!

 

f:id:chikyusanpo:20170521220718j:image

ブレッド湖に浮かぶスロベニア唯一の島。黄葉の景色。

 

スロベニアは、イタリア、オーストリアハンガリークロアチアと国境を接する小さな小さな国です。四国くらいの大きさに200万人程が暮らしています。観光の拠点となるのは首都「リュブリャナ」ですが、スロベニアには日本からの直行便は無いので近隣の国の空港からバスで1時間から2時間半かけてエッチラオッチラ入国してくるツアーが殆どです。
最近は、何処かで乗り継いで(ドイツのフランクフルトなど)リュブリャナに入ってくるツアーも出てきました☺️

 

ツアーを選ぶ際には、この点も配慮するといいですねぇ〜。近隣の空港ですと、イタリアのトリエステ空港やオーストリアグラーツ空港からが多いんですけど、フライトスケジュールをよく見ておかないと、ホテル到着が夜中の1時を回る……なんて事もあるんです。

 

お客様によく「こんなに遅くなると思わなかったぁ〜〜😭」とか言われますが、今の時代何でもインターネットで調べられるので、申し込み前にチェックしておくと良いですね☆
(ご自身で難しければ、ご家族に手伝ってもらったり旅行会社に問い合わせたりしましょうねっ!)

 

 f:id:chikyusanpo:20170522000700j:image

リュブリャナ旧市街の高台にある「リュブリァニツァ城」からの市街の眺め。とても一国の首都とは思えませんね〜。

 


首都リュブリャナには人口の約1割の28万人が生活しているそうです。

街の中心にはざっくりと旧市街と新市街を分けるリュブリァニツァ川(←いっつも噛んでしまうwww)が流れ、カヌーの練習風景なども見られます。

 

 

 f:id:chikyusanpo:20170521221812j:image

趣味の方もいますし、たまに大学などのカヌー部が練習していたりすると猛スピードで眼下を通過します。オモローです☺️

 


何年か前に「スロベニア人ってどんな国民性を持ってるの?」って地元のガイドさんに聞いてみたら「そーねー。基本的に優しい人達だけど、ちょーーーっと内向的な部分もあるかなー。」という答えが返ってきました。


なるほど、少し都会を離れバスを走らせていると戸建ての家々が見えてきます。どの家にも可愛らしく花で飾ったベランダがあり、狭くても必ずお庭に果樹園と野菜畑があります。自分達で作った野菜を食べたり、採れた果物でジャムを作ったりケーキを作ったりする事に大きな喜びを…幸せを感じる、とのお話しでした。だから、心を開くのにちょっと時間がかかるかもぉ〜〜、ってね。

 

 

f:id:chikyusanpo:20170521222114j:image

観光馬車のおっちゃんらは、休憩所でビールをぐびぐび🍺(ブレッド湖周辺にて)

 

ユーゴスラビアであった国々は、ほとんどが1991年から独立しています。内紛からまだたったの25〜26年しかたっていないんですものね。家族との幸せを謳歌している、なんて部分もあるのかも知れませんね☺️

それにしても目に映る風景は、近年まで内紛があったなんて信じられないのぉ〜〜んびりしたものです。

 


f:id:chikyusanpo:20170521222520j:image

リュブリァニツァ川沿いにはカフェがずらぁーーーーーーー!朝からオープンしてますの。

 


街はゴミもなくてとっても綺麗です。大きくて頑丈な蓋つきのゴミ箱が至る所にあり(仕分けされています)、可愛いごみ収集車が回収していきます。



f:id:chikyusanpo:20170521223633j:image

かわゆすかわゆす❤️

 

わたしが大好きな場所は、日曜祝日以外毎日6時からやっている「中央市場」‼️
ここではあらゆる新鮮な食材が購入出来ます。
旅行者にオススメなのは、おやつに最適なフルーツや乾燥ポルチーニ茸‼️安くて旨いのだっ👊

 

 

f:id:chikyusanpo:20170521230701j:image

香りが高くて濃くて安いっ👊 

 

f:id:chikyusanpo:20170521235550j:image

夏の名物「黄緑色のイチジク」なんか出回っちゃうと興奮するわっ❤️

 

 


そして、面白いマシーンもあります。牧場から早朝に運ばれてきた搾りたての牛乳です。

 

f:id:chikyusanpo:20170521231158j:image

そんなに顔決めんでええがな〜(笑)!お客様もぐびぐび飲んでましたねぇ〜。



「何もなくて何でもある」そんな素朴さがスロベニアの魅力かなぁ〜〜。

 

その他のお土産としては「塩チョコレート」や「ワイン」がオススメです☺️

 

 

f:id:chikyusanpo:20170521233039j:image

甘いんだけど、1番左のマスカットを使ったワインが好きです❤️炭酸で割って氷を入れてスプリツァーにしたら最高よんっ☺️

 

 f:id:chikyusanpo:20170522000232j:image

普段チョコレートなんて買いませんが、ここのだけは3つ買っちゃうっ❤️しっかりソルティーでビターチョコにスーパーマッチング‼️

 

 

スロベニアって、まだまだメジャーじゃないのでゆったり過ごせるツアーって少ないんですけど、川沿いのカフェに座ってストリートミュージシャンの音楽でも聴きながらほっこりしたいものですね。

 

 f:id:chikyusanpo:20170522001114j:image

私はよく、ストリートミュージシャンのCDを買って、バスの中で皆さんと聴いたりします☺️お土産にもいいと思いますよぉ〜!

 

 


とーーーっても安全で親切な街なので、個人旅行にもオススメできましゅ❤️

 

 

 

来週は、その他のスロベニアの見所とクロアチアについて書きたいと思いまーす。

 

 

でででんっ👊👊👊

 

【告知】

 

第2回「世界のワインを飲まん会 〜 あかねOh!Yama! 4度目のゾロ目 生誕前夜祭 〜」

を開催したいと思ってまーす‼️

 

7月2日(日) 14:30くらいから17:30くらいまで(未定)

 

場所:代田橋「串カツ ジェット」にて

 

私の手料理と今回は「スロベニア&クロアチア」のワインを中心にお届け致します。
それと、夏らしい南米のカクテルも検討中です☺️

12名しかは入れないので、予約制となります。

ご予約は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらまで❤️
chikyusanpo2016@gmail.com


それでは皆々様!ココロオドル1週間をお過ごしくださいましぇ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

『ぶらりあか散歩 in スロベニア&クロアチア 』 その1

おばんですっ( ´ ▽ ` )ノ

 

添乗人生10年ちょいの中で5本の指に入る過酷なツアーのただ中におりまして、今週のブログはショートバージョンでお送りしますこと、お許し下せいっ👊

 

せぇ〜〜〜〜〜〜〜〜いっ👊👊👊(⬅︎気合だけで乗り切ろうと、奮闘中w)

 

今回のツアーは、イタリア⇨フランス(モナコ公国含む)⇨スペインの地中海沿岸を巡るツアー。

 

f:id:chikyusanpo:20170515191052j:image

フランス「アルル」のカフェ。おしゃれかぁ〜〜☺️

市場では「ヴィトンのボストン」から長ネギが飛び出してる人もいてビックリしたわっ(≧∇≦)

 


今週の投稿は、そのツアーの最終日。バルセロナからお届けします。

 

f:id:chikyusanpo:20170515191418j:image

スロベニアの「ブレッド湖」にて、ガイドのエラさんと。


近年、非常に人気のスロベニア&クロアチアのツアーですが、ツアーを検討される際のポイントをお伝えしまーす☺️

 

各社大概2つのコースを用意しています。

 

スロベニアの首都「リュブリャナ」から、城壁に囲まれた街として有名な「ドブロブニク」までの(地図上)一筆書きのコース

 

スロベニアからドブロブニクを経由し、クロアチアの首都「ザグレブ」から出て行く(地図上)V字を辿るコース

 

✳︎IN/OUT の場所は各社多少の差があります

 

オススメは断然①のコースです。ゆったり感に雲泥の差が出ます。


②のコースでは、2箇所程観光地が増えるのですが(シベニクとトロギールなど)いずれの都市も規模が小さく、わざわざ時間をかけて行く事もないんじゃないかな〜〜?という印象です。
さらに②を選択すると、とーーーーーっても可愛くて素敵な「リュブリャナ」の観光は入りません😭

 

 

f:id:chikyusanpo:20170515191652j:image

リュブリャナは美しくてかわゆいの☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170515192126j:image

人懐っこい現地の人々に癒されます☺️

 

このスロベニア&クロアチアのツアーは、添乗員にとっては(ガイドさんが全員、英語しか話せないので)通常の業務プラス通訳という過酷なものとなりますが、明るく親切な現地の人々ですので、気持ちは軽いんですのっ❤️

 

また来週、詳しくお伝えしますね〜〜。

 

あ!すっごい当たり前の事を言っちゃうけど………。



f:id:chikyusanpo:20170515192258j:image

フランスのパンは旨いっ(≧∇≦)ときめく朝食〜〜⭐️

 

今週はちょっぴりでごめんちゃーい💦

 

わたくしの今週胸に留め置く言葉は「頼まれごとは試されごと」❤️

 

それでは皆様、麗しき一週間をっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*