読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球散歩

現役添乗員による旅にマツワル☆ブログ

「ぶらりあか散歩〜素敵本屋を巡る旅〜 その2 」

心斎橋から御堂筋線で梅田を経由し、阪急神戸本線で新開地へ向かいました。

徹底的に貧乏旅行を決め込んでしまったので10年振り?に、今宵はバックパッカー宿に泊まります。早速、夜のお出かけの前にチェックインをば。。。そのバックパッカー宿「ユメノマド」があるのが新開地なのです!



バボォーーーーーン!



ひと部屋に二段ベッドが2つある4人部屋。各部屋に、バス&トイレ付き。タオルレンタル100円。22時以降はスタッフ不在というw世界中の流れ者の溜まり場を呈するお宿でございます。ですが宿代は2700円ぽっち(クレジットカード不可のチェックイン時前払い制)。素敵な共同ラウンジ(ワンドリンク付き)もございます。

バックパッカー野郎どもと語らいたい所ではありましたが、今回の旅には本屋巡りの他にもう一つ目的がございましたので、荷物だけベッドに放り込むと元町まで欽ちゃん走りで猛ダッシュしたのです。





☆“欽ちゃん走り”とは、1970年代から80年代にかけて流行った萩本欽一によるオッペケペな走り方








もう一つの目的とは、友人でシンガーのRemahちゃんが素敵なアトリエをオープンするという事で、プレオープニングパーティーへの出席です。ライブ、イベント、展示会、結婚式の二次会など、アイデア次第で如何様にも使えるお洒落な空間です。神戸付近にお住いの方、要チェックです☺️

ひとしきり踊り狂い、旧交を温めて我が城「ユメノマド」に帰還したのは、夜も更けて3時過ぎ。他3名が静かに寝息を立てる中(何処のお国の方が眠ってらっしゃるのか不明www)、コソ泥のようにベットに横たわり「やっぱ、40過ぎたら個室よ個室…………zzz」と自分の財布の中身に哀しみを抱きながら深い眠りに就いたのでした。




翌日、この神戸で立ち寄った本屋さんは「ハニカムブックス」。3畳ほどの小さなお店の中では、絵の個展や手作りのキャラクター人形や懐かしの絵本などがお互いに寄り添うように温かな雰囲気を醸していました。



元町には『神戸元町商店街』というかなり洒落たアーケード街があり、所謂“純喫茶”と呼ばれる老舗の喫茶店が軒を連ねています。徒歩圏内に日本三大中華街の一つ“南京町中華街”があり、15分程歩くと山手側に“北野”といわれる異人館街があります。通常の国内ツアーでは、北野の観光が中心(めちゃ坂が多い場所でのフリータイムは意外に辛いw)となるので、次回は本を片手にのんびり純喫茶巡りでもしたいなぁ〜〜、という想いを残しつつ京都への移動を開始しました。

来週は『素敵本屋を巡る旅』最終章。いよいよ「世界で9番目に素敵な本屋さん」を訪ねます。

その次わぁぁぁぁ〜〜〜〜?????(←って声が聞きたーい❤️という妄想が表面化)

次のシリーズは「ぶらりあか散歩〜パラオの旅〜」を予定しています☺️

では、皆様素敵な1週間をっ‼️