地球散歩

現役添乗員による旅にマツワル☆ブログ

「ぶらりあか散歩 〜パラオ編〜 中編 」

今回の旅で1番失敗したこと………(>_<)

それは、水中カメラを持って行かなかったことー‼️

今まで、プーケット(タイ)やグレードバリアリーフ(オーストラリア)や石垣島(日本)やマニャガハ(サイパン)………etc………で、海の中を覗いたことは有りますが、こんなにも、こんなにもっ?写真を撮りたいと思った事はありません!それほどに、パラオの海は素晴らしかったのです☺️


セスナ観光の翌日は、シュノーケリングツアーに行きました。


使ったツアー会社は「マーメルダイバーズ」。ホテル送迎と日本語ガイド、ウェットスーツとシュノーケルセットのレンタルと昼食が付いて65ドル。

ですが、ロックアイランドへのオプショナルツアーやダイビングツアーに参加する場合はコロール州政府発行の許可証が必要となるのです。有効期間は10日間で申請料はUSドル$50/1名です(6歳未満は不要)。



OMG〜〜〜〜‼️



パラオは、ほぼ100%観光で食べている国だそうで(現地ガイド談)、とにかくお金がかかります(笑)!ちなみに、出国税というのもありまして、帰国日に空港で50ドル払わないと出国できませんの。


それはさておき。数件のホテルをまわりオプション参加者を乗せ込んだバンは、『ここ、ダイビングショップ?』みたいな小屋に到着。50ドルを切なさと共に支払い、身支度を整えいざボートへ!


ボート:「プスンスンスン………」

私と友人:「………………………………」

ボート:「ブオン!プスン!バイィィィィーーン!」

私と友人:「く、くっさぁぁぁぁ〜〜〜〜?」

エンジンが上手くかからずガソリンの匂いが充満www待つこと20分。ようやく大海原へ。

ボートに同乗しているのは、ダイバー隊10名(うち、日本人のおばちゃま2名)とシュノーケル隊3名(我らとローカル1名)。


いざ、大海原へ。





大海原へ。








大海原へ。







って、何処まで連れてくんやぁぁぁーーーー(笑)!


私はうっすら気づいてたのだが、幾つかの疑問がおばちゃま2名と友人の間に広がって行く。。。




「そーいや、何処に行くかも所要時間も何も聞かされてないなぁ〜。」

「ってか、日本人ガイド………居なくない?」



はい、ちぃぃぃーーーーん!



実は、うっすらではなく完全に気付いていたわたくしですが、基本的にプライベートでは脳を休ませたいので、その事実を無視していたのです(笑)!



流石にそんなわたしでも、50分が経過していたので、何処に行くかぐらいは気になるなぁ〜、とおもむろに質問。




ワタシ:「何処行くの?」

ガイドとおぼしきスタッフ:「ウーロンチャネル」

ワタシ:「ふーん。あとどの位?」

ガイドとおぼしきスタッフ:「10分」

ワタシ:「ふーん。で、日本人ガイドは?」

ガイドとおぼしきスタッフ:「夏休みで日本に帰った」

おばちゃま2名、友人:「ふぅーーーん………」からのぉ〜、プチパニック!!!


パニパニしている間にエンジン音が消え、ダイバー隊各々が準備を始めました。


おばちゃま達に「私達が英語も話せなくて、ものすごく不安に思っていることを伝えてっ?」と頼まれたので伝え、シュノーケリング初体験の友人に通常シュノーケルをする際に説明される事を教え(そのうちガイドが言うだろう、と思っていたことを伝え→結果言わなかったw)、海にダーーーーイブ‼️



普通シュノーケリングと言うのは、スポットに行き自由に魚を見る、もしくはガイドが先導しながら各自のペースで見るのですが、今回は違いました。ガイドが浮き棒?のような物を持ち、掴まるよう指示されガイドが引っ張りながらのシュノーケリング。3人の距離が近すぎて視界が悪かったので、私はすぐ側を単独でシュノーケリング

その視界に映ったものは、、、、、巨大過ぎる珊瑚礁の壁(コーラルウォール)!視界を巡らすと、深海への入り口と思える巨大な闇。その闇をバックにキラキラ光る魚達の群れ!まさに、見たことのない海の世界が広がっていたのでした。


しかし、よくよく考えたら繋いでおかないと危険っ‼️というエリアだったのでしょう。だから、浮き棒な、の、ねっ(;^_^A


1本目を終え、船上にてハンバーーーグっ?弁当の昼食。


場所を変えて2本目こそが、メインの“ウーロンチャネル”

チャネルとは、水路の事です。

本当に、本当に!海底に白い道が見えます。白い故に海底が明るく光り、熱帯魚???達のカラフルさも際立ちます。そして、そしてぇ〜〜〜〜?初めて出会いましたっ!ウミガメです!ずっと逢いたかったウミガメちゃん!

イメージ写真↓↓↓↓↓


カメってね、両手???前足???を上下に動かして、まるで鳥のように泳ぐのです?知らなかったよ。知らなかったよそんな事〜〜?ゆーーーったりと海中散歩を愉しむウミガメちゃんとしばらく一緒に泳ぎ、感動の涙と共に2本目終了。


さてさて、帰るのかなー?と思いきやダイバー隊の一部が『もう1本追加!』と声を上げ、ラッキーな事にポイントを変えての3本目(もちろん無料)。ここでも、カメ様やサメ様と遭遇したのでした。


次回はぜーーーったい水中カメラ持参で、ダイビングですね☺️反省反省☺️



遊び倒したこの日の夕食は、ローカルに人気の大衆食堂 “EMAIMEREI 2” へ。




あのね、コスパがいい!と言われてもね、無理よ。無理なのよ〜。ガーリックライス、3.5ドルでお米4合はやり過ぎよ〜。カニとコーンのスープ、7ドルでラーメンのどんぶり2.5個分は無理なのよぉ〜?

でも、味はいいからまた行くわっ☺️





話は思いっきり戻りますが、このオプションは交渉すれば幾らか返金がある可能性がありますね(しないけどね!)。「日本人ガイド」って、謳っといて居なかった訳だからね。ツアー会社が保証した内容と違うぞっ?って事でね。でもね、実は私も大失敗してたの。実際に申し込んだツアーの日は前日だったのねー(笑)!日本だったら杓子定規、確実にキャンセル料取られたトコだけど、パラオのゆるさが無料振替オッケーにしてくれた訳だからね。こちらもゆるぅ〜くお返ししないとね(#^.^#)


このツアー会社、次回も使うか?と聞かれたら、答えはYES‼️ゆるさがいい。冒険心溢れる者には、コストも他所より安く、刺激的でオススメです(笑)。でも、海のアクティビティ初心者には、ケアの部分でオススメ出来ないかもぉ〜(笑)!一緒に行く人によるかな?





次回は、パラオ後編です。



今週もSweeeeet❤️な1週間をお過ごしください!



旅に関するご質問はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓まで

chikyusanpo2016@gmail.com