読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球散歩

現役添乗員による旅にマツワル☆ブログ

「南米便り 〜ポット好きゃねんっ!マテ茶編〜 」

どーもー\(^o^)/

 

最近、南米添乗員⁉︎と化している大山です。

 

またしてもマチュピチュからの投稿でございますが、昨夜からの豪雨で停電とWIFIのダウンにより、月曜日投稿が出来ませんでした😭

がっ!何と!観光の時間にはパァーーーーっと晴れまして☀️今日も見事な姿を現してくれたマチュ様でございます👊

 

f:id:chikyusanpo:20170228043230j:image

 

さてさて、今回は久々に世界三大瀑布のひとつ「イグアスの滝」に参りましたので、そこでの見聞をご紹介したいと思います。

 

その前に!

 

ここの所、とにかくアクシデントが続くんですよー。今回は、成田→ロサンゼルス→リマ→イグアスと36時間余り移動してやっとこホテルに着いた訳ですが……私のスーツケースだけ!届かなかったよぉぉぉ〜〜😭

 

2年ほど前に「知らん人が私のスーツケースを間違って持ち帰る事件(カナダ)」を経験して以来、一泊は過ごせる準備(下着&靴下、洗面用具、化粧ポーチ)を携帯していたので、大きいダメージはありませんでしたが、ここで改めて『乗り継ぎがある場合は、絶対に上記くらいは持っておきましょうっ👊』と、お伝えしておきます。

ちなみに、そのカナダ事件の時は1週間着替えがなく過ごしました。氷河観光もあったにも関わらず、私の着て来た服は、長袖シャツ1枚……。優しいお客様が色々な物を貸してくださり、逆に雪だるまのように。。。

 

(あ〜〜んっ😭その時の写真が見つからないっ😭残念っ💦)

 

とは言え、1日1便しかないリマーイグアス便の為、最速でも丸一日は荷物が届きません。36時間移動した後に着替えが無いのは辛いっ💦って事で、優しいガイドさんがショッピングモールに連れて行ってくれました。

 

初めてのブラジルのショッピングモールっ❤️

少し浮かれながら物色。ウロウロ。

 

でんっ👊

 

f:id:chikyusanpo:20170227173910j:image

あ、新しいっ(笑)!枕と抱き枕が一緒になっている(笑)!

 

など冷やかしながら必要な物を購入したら、夕食を食べ損ねてしまい仕方なーく(ニコニコでw)フードコートへ。初めての食べ物ESFIHARIA(イスフィア)を食する事が出来ました☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170227174507j:image

おいちかった❤️

 

 

そんな一夜を過ごし、翌日はイグアスの滝(アルゼンチン側)の観光へ〜〜🚶🚶🚶🚶🚶🚶

 

悪魔の喉笛、どぉぉぉーーーーんっ👊

 

 

f:id:chikyusanpo:20170227174855j:image

 

イグアスの滝、全景どぉぉぉーーーーんっ👊

 

f:id:chikyusanpo:20170228043212j:image

 

 

 

 

 

イグアスの滝は、アルゼンチン(80%)とブラジル(20%)にまたがっています。

アルゼンチン側では、滝のすぐ近くを歩くのが観光のメインとなり、滝の上を歩くアッパートレイルと滝を見上げるように歩くロウアートレイル、そして最も人気のある「悪魔の喉笛」の滝の始まりが望める展望台へのトレイルがあります。

 

今回は「アッパートレイルにピューマが出たぞ〜!」という噂が流れ、入場するのに1時間も待たされてしまい(警備の人々の寝坊、という噂もながれたけどw)、とんでもない人数での入場となりました。

 

 

 

沢山の人々を見ながら、前々から気になっていた事をガイドさんに聞いてみました。

 

「あのポットを持った人達は、ブラジル人?アルゼンチン人?」

 

以下、ポットを持った人々コレクション↓↓↓↓↓↓↓↓↓(笑)↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 f:id:chikyusanpo:20170228043510j:image

片時も離さないぜっ!

 

f:id:chikyusanpo:20170228043610j:image 

まさかのっ!お洋服とのカラーコーディネートっ⁉︎

 f:id:chikyusanpo:20170228043728j:image

 

いつだって❤️どこでだって❤️

 

f:id:chikyusanpo:20170227182417j:image

滝を眺めながらも、ポット☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170228043905j:image 

渋ポット☺️

 

日本では圧倒的にブラジルのお茶として「マテ茶」は有名ですが、実際現地に赴くとマテ茶をめいっぱい嗜んでいるのはアルゼンチン人だとわかります。アルゼンチン側の国立公園内で働くスタッフも手には、いつもボンビージャと呼ばれるマテ茶専用の茶具が握られていますが、ブラジル側スタッフでは殆ど見られません。

 

f:id:chikyusanpo:20170227183556j:image

中に茶葉を入れて茶漉しが先っぽに付いたストローでチューチューします。

 

今回写真は撮れなかったですが、お土産屋さんにもよく「ポット、茶葉、ボンビージャの3点セットを入れる鞄」が売られています。

 

本当に、純粋に【文化】としてこういったものを持ち歩く習慣(因みに今は夏なので、冷やしたマテ茶か氷水が入っているらしい)がアルゼンチンには根強く残っているそうですが、ガイドさん曰く『国立公園内の水は1本4ドルもするから節約の為に持ってきてるんじゃないかな?』だそうで。。。

 

アルコール、脂肪、糖分を分解し、ビタミンA、Bを多く含むマテ茶は「飲むサラダ」とも言われています。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイで昔から飲まれ続けているマテ茶。

 

そんなスーパードリンク「マテ茶」を手放さないアルゼンチン人の肥満率は、世界第7位ですっ(笑)

 

 

 

☆皆様、風邪などひいてませんか?あったかいマテ茶でも飲んで健康な日々を過ごしましょう。

それでは素敵な1週間をっ☺️