読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球散歩

現役添乗員による旅にマツワル☆ブログ

『 ぶらりあか散歩 〜 プラハ編 〜 その2 』

先週「プラハ城に行くなら、有料区域を是非っ👊」とお伝えしましたが、有料区域チケットにも2種類あります。
ショートツアー250コルナ(1コルナだ〜〜いたい5円くらい)とロングツアー(350コルナ)です。
ツアーといっても、自分のペースで回れるので(勝手に見る、という意味)その点はいいですね☺️

 

 

f:id:chikyusanpo:20170327153830j:image

聖イジー教会。よく見ると、2本の塔の太さが違うのよぉ〜。男性と女性を意味するんですって。

 

 

ショートコースには、聖ヴィート教会(先週のブログのステンドグラスのトコですね☺️)、旧王宮(ココだけ撮影にカメラ券が必要です。50コルナ)、聖イジー教会、黄金の小路(錬金術師が住んでいた、とか言ってますがw)、ダリポルカ(当時の拷問道具が展示されている)が含まれ、ロングコースにはそれにプラス博物館など城内全ての施設が含まれます。
ツアーでロングコースが含まれていることはほぼ無いでしょう。ゆっくりワクワク💕ショートコースで充分かと。

 


f:id:chikyusanpo:20170327154112j:image

カレル橋の麓からプラハ城を臨む景色。

 


少し話は逸れますが、旅に持参するのにぴったりだなぁ〜〜❤️と個人的に思っている本を数冊ご紹介したいと思います。

 

「なぜ急に?」と思われた方!

 

その中の1冊が、ブラジル人の作家“パウロ・コエーリョ”による『アルケミスト(錬金術師)〜夢を旅した少年〜』だからですよ〜☺️錬金術師繋がりです。


ざーーーっくり言っちゃうと「羊飼いの少年が心の声に従いながら(沢山の出逢いと助けを経験して)、人生の知恵を学んで開眼していく」話。
みたいな感じですが、本当にこの本は何度も再読していて、必ず“その時に欲しい言葉”が見つかります。

最も印象的と思われる言葉を記しておきますね。

 

『何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる』

 

幾つになっても夢を持つ事の大切さ(=人生の充実へ)を再確認出来る、素晴らしい本です。
ちなみに、パウロ・コエーリョ氏はご健在で、この本は世界38ヶ国に翻訳されています。

 

旅のお供に……という意味で、雪のひとひら(ポール・ギャリコ)やヨーロッパ退屈日記(伊丹十三)なんかもオススメいたします☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170327154402j:image

勇気と希望を与えてくれる一冊です❤️

 

そしてこの黄金の小路には、『変身』で知られる作家のフランツ・カフカが2年ほど住んでいた家もあり、個人的には興奮しました(笑)!
その本を読んだのも10代の頃ですから、印象しか覚えていませんので数日前に再読を誓い、古本屋で買い求めた所です☺️

 

f:id:chikyusanpo:20170327154544j:image

カフカの住んでいたお家は22番☺️


かつて錬金術師達が暮らしたという家々は(実際は門番が住んでいた、なんて話もありますがw)、今は可愛らしいお土産屋さんになっています。

 

f:id:chikyusanpo:20170327154736j:image

可愛いブックマーク達☺️

 

そんな場所を通り抜け、拷問道具も見たければ見て(笑)、プラハ城を後にする事に致しましょう。

 

プラハ城は高台にありますので、グングン下って行きますとウルタヴァ川に架かる橋の中で最も有名なカレル橋が見つかるでしょう。

 

f:id:chikyusanpo:20170327154921j:image

頭上に5つの星が輝くボヘミア守護聖人ヤン・ネポムツキー”像とプラハ


30体の聖人像が列挙する様は圧巻。中に1人日本人?と、ガイドブックに紹介されている像もありますが………。

 

f:id:chikyusanpo:20170327155253j:image

逆光で見え辛いですが、三巴の真ん中辺り……。ちょんまげが見えるかしら?

 

モンゴル人………なのかな(笑)?

我々が欧米人の区別がつかないように、彼等もアジア人の区別なんてつかないのは容易に想像出来る所ですよね☺️


余談ですが、私は海外で日本人と言われることは先ずありません。どう見られているか(言われた事あるか)というと…。

1位 中国人
2位 韓国人
3位 日本人
4位 ベトナム
5位 トルコ人

ベトナムには私にそっくり(だと、何処に行っても言われた)な女優さんが居るそうで、余りにも顔をジロジロ見られるので『その人の写真みせてぇ〜❤️』とウキウキで頼んだらかなり高齢のご婦人の写真を見せられ、膝から崩れ落ちた事があります(笑)!


ちなみに、欧米人には欧米人なりの見分け方があるそうで、例えばユダヤ人は……………って‼️
全然話が進まんやんかぁ〜〜(笑)!←急に九州訛りが……恐縮ですw


話を戻しますね。


橋の上には、似顔絵描き、絵を売る人、物乞いなど色々。。。因みに、今回プラハのあちこちで見かけた物乞いの方の多くが、ワンちゃんを携えていました。「ワンコの為に……」と小銭を投げる方もいらっしゃるので、効果はあるようです(笑)!


物乞いに纏わる考察

 

旧市街をぶらぶらしてたら、やけに若く元気そうな物乞い君を発見。

 

f:id:chikyusanpo:20170327155554j:image

お姉さんのお尻じゃなくて、左端の若者を見てね☺️

 

しばらく見ていたら………。

 

諦めたっ‼️早っ‼️

 

f:id:chikyusanpo:20170327155814j:image

めっちゃスタスタ歩いていく。

 

いやーーーー(爆笑)ーーーwワロタw

 

私が思うに、このお兄ちゃんはバックパッカーか究極の暇人か、好奇心の持ち主(笑)!

 

 f:id:chikyusanpo:20170327155934j:image

何っ⁉︎流行ってんのっ⁉︎

元物乞いとなぅ物乞いの図(笑)!

 

 

って事で、今回はカレル橋を渡った所まで。

 

 

全然進んでない(笑)!ウケル!

 


☆☆☆ご報告☆☆☆

先週、Beauty Charge さんから取材された記事がUPされました〜〜☺️

http://beauty-charge.com/spring-travel

春はすぐそこっ🌸🌸🌸

今週は全国的にシトシトピッチャン☔️な始まりのようですが、そんな時は晴耕雨読で自分チャージでもしときましょうよっ(=´∀`)人(´∀`=)


素敵な一週間をっ❤️